トップページ > スタッフブログ > 企業連携 > 【活動報告】新型コロナウイルス感染症対応「夏休み 子どもの食 応援ボックス」発送準備作業を行いました

企業連携
(公開日:2021.07.30)

【活動報告】新型コロナウイルス感染症対応「夏休み 子どもの食 応援ボックス」発送準備作業を行いました

 

セーブ・ザ・チルドレンは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で経済的に困難な状況にある家庭を対象に、国内の子どもたちの食の状況改善を目的として「子どもの食 応援ボックス」の提供を実施しています(*)。


■約3,000世帯へ「応援ボックス」を発送
7月21日に、セーブ・ザ・チルドレンが提携する倉庫にて、応援ボックスの発送準備作業を行いました。

今回、発送したのはお米や麺類などの主食のほか、レトルト食品やお菓子、生活用品などです。食べ盛りの子どもがいる家庭が、学校給食がなくなる夏休みに、少しでも安心して過ごせるようにとの願いを込めて、協力企業から届いている約3,000世帯分の食料品などの仕分け、箱詰めなどの作業を行いました。

724日以降、各家庭に応援ボックスが到着し、受け取った方々からの声も届き始めています




 全国から寄せられた窮状の声「負のループにハマってしまいどうすればいいのか分からない」

今回の「夏休み 子どもの食 応援ボックス」募集時には、わずか1週間の申込期間に、全国より3,000件を超える方々から申し込みがありました。申し込みいただいた方々からは、大変深刻な状況に直面していることを訴える声が数多く寄せられています。

「ひとり親で何度か給付金を頂いてますが、支払い等が遅れているためそれで補っても結局手当がない月はまた遅れて負のループにハマってしまいどうすればいいのか分からない状況です。
夏休みも子どもが食べ盛りなので倍に食費がかかると思うと頭が痛くなります。」



「正社員の求人に応募したが、子どもの体調不良時に面倒みてもらえる人がいないのであればと断られ、今は派遣社員として働いていますが、コロナの影響で2度派遣切りにあい、とても不安定です。」



精神的に限界です。1人親の方も厳しいですが2人親でも同じ様な思いをしている方は沢山いると思います。」

 

子どもにお腹いっぱい食べさせてあげたいけど、療養で収入が減るためそれができません。欲しいものも我慢してくれていつも「いいよ」「大丈夫」と言ってくれる子どもに申し訳なくて。」


※紹介した声は了承を得て掲載しています。また、原文から一部を抜粋し、文意が変わらない範囲で編集しています。 

■「食の応援ボックス」を継続するためには皆様のご支援が必要です
こうした状況に対処し、経済的に困難な状況に置かれた子どもたちの育ちの保障を「食」の面から支援するため、セーブ・ザ・チルドレンは今後も、夏休み・冬休みといった長期休暇の時期にあわせて「子どもの食 応援ボックス」の提供を継続していきます




■ご寄付・ご支援のお願い
この活動の実施にあたっては、有志の企業の皆さま(※)より食料品などの提供をいただいていますが、今後もこの支援を継続するためには物品の調達や配送料、発送作業費などのための資金が必要です。また、より多くのご支援があれば、多くの家庭に支援を届けることができます。

資金提供や従業員募金の実施、支援物資の提供など、下記のとおりさまざまな参画方法がございますので、ぜひご検討をいただきたく、お願い申し上げます。

(※)ザ・コンシューマー・グッズ・フォーラム日本サステナビリティ・ローカル・グループおよびWRI(World Resources Institute :世界資源研究所)10×20×30食品廃棄削減イニシアティブ日本プロジェクトに加盟している有志の企業、ならびに、セーブ・ザ・チルドレンのパートナー企業

1) 企業としてのご寄付、従業員ご寄付

次のメールアドレスまでご連絡ください。

E-mail:japan.corporatepartner@savethechildren.org

(ご寄付後に税控除対象の領収証の送付および一定期間後に報告書を提出いたします。)


2) 物品提供

7月の応援ボックスの物品手配はすでに完了しており、現在物品提供は受け付けておりません。

次回12月以降の「子どもの食 応援ボックス」にご提供可能な商品がある場合、下記フォームより事前に「ご登録」をお願いいたします。ご記入いただいた内容に、次回必要としている物品カテゴリと合致するものがある場合、セーブ・ザ・チルドレンからご連絡させていただきます。

 

【物品提供 事前登録フォーム】

https://forms.office.com/r/P5GFL61H7z


(*)セーブ・ザ・チルドレンは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響が深刻となった昨年から、本支援を行っています。昨年は、緊急事態宣言下などでとりわけ厳しい状況が続くひとり親世帯のべ2,501世帯に、食料品などを提供しました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

セーブ・ザ・チルドレンは、毎年600以上の企業・団体の皆さまとさまざまな形で連携し、子どもたちを取り巻く課題解決のために、緊急・人道支援や教育、子どもの保護、保健・栄養などの分野で、日本を含む世界約120ヶ国で活動しています。これからも、企業の皆さまとも協力・連携しながら、子どもたちを取り巻く社会課題の解決に取り組んでいきます。

【企業・団体の皆さまからのお問い合わせ先】

公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 法人連携担当

japan.corporatepartner@savethechildren.org

または下記までお電話でお問い合わせください。

TEL03-6859-0010(東京:平日9:30~18:00)/06-6232-7000(大阪:平日9:00~17:00


https://www.savechildren.or.jp/partnership/





 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP