トップページ > スタッフブログ > 日本/子どもの貧困問題解決 > 【参加者募集】「子どもの貧困問題解決に向けたシンポジウム」を11月28日宮城県石巻市で開催

日本/子どもの貧困問題解決
(公開日:2018.11.02)

【参加者募集】「子どもの貧困問題解決に向けたシンポジウム」を11月28日宮城県石巻市で開催

 

セーブ・ザ・チルドレンは、「子どもの貧困対策の推進に関する法律」制定から5年となる2018年、宮城県石巻市で「子どもの貧困問題解決に向けたシンポジウム」を3回にわたり開催しています*1

子どもの貧困問題の中で、教育費は重要な問題の一つです。最新の経済協力開発機構(OECD)の調査*2によれば、2015年の加盟各国の国内総生産(GDP)に占める教育機関への公的支出の割合は、加盟諸国平均が4.2%の中、日本は2.9%で最下位です。さらに、子どもへの社会保障政策で後れをとっており、子どもの成長に必要な費用に対する家庭負担の割合が大きくなっています。

そこで、6月 、8月の開催に続き2018年3回目となる今回のシンポジウムは、教育費の中でも特に、経済的な理由により、小・中学校へ就学が困難な児童生徒の保護者に対し、学用品費や給食費等の就学に必要な経費の一部を支給する「就学援助制度」をテーマに行います。

セーブ・ザ・チルドレンから東北沿岸部の経済的に困難な状況下にある子育て世帯への調査結果および提言についての報告や、埼玉県の学校事務職員から就学援助に関する先駆的な取り組みの紹介、石巻市教育委員会から石巻市の就学援助の概要や現状について発表します。

就学援助をより良く知ってすべての子どもが安心して学べる環境を一緒につくっていきませんか?
*1 セーブ・ザ・チルドレンは、2017年以降これまで5回、宮城県石巻市で「子どもの貧困問題解決に向けたシンポジウム」を開催しました。
*2 経済協力開発機構(OECD)「図表でみる教育(Education at a Glance 2018)」


子どもの貧困問題解決に向けたシンポジウム2018 in 石巻 第3回
就学援助制度のより良い運用・利用促進に向けて
〜東北沿岸部の経済的に困難な状況下にある子育て世帯への調査から〜

(チラシのダウンロードはこちら


【日時】 2018年11月28日(水)13:00〜16:00 (開場12:45)
【プログラム】
1、「東北沿岸部の経済的に困難な状況下にある子育て世帯への調査結果および提言」
発表者:公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン国内事業部
2、講演「子どもの権利保障と就学援助制度〜子どもの貧困問題解決の一助として〜」
発表者:ノ澤 靖明氏(埼玉県川口市立小谷場中学校 事務主査)
3、情報提供「石巻市の就学援助制度の実施状況について」
発表者:石巻市教育委員会教育総務課
4、質疑応答
5、参加者交流

【場所】  石巻市保健相談センター3階講義室 地図はこちら
【参加費】 無料
【定員】 50名

【申込方法】
参加を希望される方は、下記URLの専用お申込フォームよりお申込みください。電話、FAXもしくはメールでも受け付けております。
・WEB申込フォーム:https://goo.gl/forms/aaH0u8DrX2LMD7pj1
・電話:03-6859-6869
・FAX:03-6859-0069
・メール:japan.soap@savethechildren.org
メールの場合は、タイトルに「11/28シンポジウム申込」とご記入の上、@お名前(ふりがな) Aご所属 Bご連絡先 を明記し、お申込みください。
※セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンでは、業務上取り扱う全ての個人情報は、個人情報保護法その他の法令並びに当団体の個人情報保護方針などに則り適正に管理します。詳しくは、当団体のプライバシーポリシーをご覧ください。http://www.savechildren.or.jp/privacy_policy/

【申込締切】2018年11月21日(水)
【お問い合わせ】セーブ・ザ・チルドレン国内事業部 担当:山田・赤坂

■主催:公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
■共催:石巻市
■後援:石巻市教育委員会、社会福祉法人石巻市社会福祉協議会


 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP