トップページ > スタッフブログ > 日本/子どもの貧困問題解決 > 1月18日〜申請受付開始「セーブ・ザ・チルドレン子ども給付金 〜新入学サポート2023〜」 全国の新中学1年生、新高校1年生を対象 1月18日〜2月8日まで

日本/子どもの貧困問題解決
(公開日:2023.01.17)

1月18日〜申請受付開始「セーブ・ザ・チルドレン子ども給付金 〜新入学サポート2023〜」 全国の新中学1年生、新高校1年生を対象 1月18日〜2月8日まで

 


「子ども給付金 〜新入学サポート2023〜」のお知らせ

新入学に関わる費用の一部を給付します


  子ども支援専門の国際NGOセーブ・ザ・チルドレンは、子どもたちが安心して学校生活を送ることができるように、経済的にお困りのご家庭を対象に、今春、中学校・高校に入学する際に関わる費用の一部をお届けいたします。ぜひお申し込みください。
※給付内容や対象条件、申請方法など、くわしくは募集要項をご確認ください。

【募集要項】
募集要項は以下のリンク先からダウンロードすることができます。必ず募集要項をよくお読みいただき、子どもが対象に当てはまっているかを確認いただいた上でご申請ください。
日本語/やさしいにほんご/English / 中文 / Português / Español / Tiếng Việt

申請対象条件フローチャートと提出書類確認表はこちらから

申請についてご不明点がある場合はこちらの「セーブ・ザ・チルドレン子ども給付金〜新入学サポート2023〜よくあるお問い合わせQ&A」もご確認ください。



【対象地域】 全国(日本国内に居住あり)

【給付内容】
対象の子ども一人につき、卒業や新入学に関わる費用の一部(新中学1年生:3万円、 新高校1年生:5万円)を給付いたします。
※返還の必要はありません。
※該当する学年であれば兄弟姉妹についてもお申し込みいただけます。ただし、対象条件に当てはまっていても、別々に審査するため、そろっての受給ができない場合があります。あらかじめご了承ください。


【申請期間】
2023年1月18日(水)12:00 〜 2023年2月8日(水)23:59
※申請フォームは1月18日正午より受付開始します。
※郵送での申請の場合は、2月6日(月)必着です。消印有効ではありません。
※申請期間を過ぎた場合は、どのような理由があっても受け付けることはできませんのでご了承ください。


【対象条件】※生活保護受給者は対象外です。
・申請時に、2023年4月に日本国内の中学校や高校等などに進学予定の新中学1年生(定員:250人)または新高校1年生(定員:500人)であること
・ 申請時に、日本国内に居住し、次の対象条件A〜Cをすべて満たしていること
A. 所得条件を満たす世帯
B. 現在の生活の状況がセーブ・ザ・チルドレンが設定する条件に当てはまる
C. 卒業・入学に関わる費用を用意することが難しい

※保護者ご本人による申請が難しい場合は、自治体、支援団体、学校による代理申請も可能です。その場合も申請フォームよりお申し込みください。ご不明点・ご質問などがある場合は、個別にお問い合わせください。
※該当者多数の場合は審査にて対象者を決定します。
※新高校1年生に関しては、初めて高校に入学する18歳未満の方(2005年4月2日以降に生まれた方)が対象です。
※学校は、国公立(県立・市立など)および私立、特別支援学校、フリースクール、通信制・定時制高等学校、中等教育学校、高等専門学校などの学校(一条校:学校教育法第一条に該当する学校をさす)に加え、一条校以外の各種学校、外国人学校も含みます。



【対象条件A〜Cについて】

経済的な理由は生活条件Bでは審査対象外になります

所得条件Aは当てはまっていても、生活条件Bに当てはまらない方の申請が大変多くなっています。経済基準は「A」での確認事項になります。

お申込みいただいても、審査では対象外と判断されますので、今一度、生活条件B1~4に当てはまるかご確認ください。

募集要項の「B.生活上の状況の条件」をご確認ください。

※くわしくは募集要項をご確認ください。
A. 所得条件(下記の@〜Bのいずれかの条件を満たす世帯)
@2022年度(令和4年度)非課税世帯または児童扶養手当全部支給世帯
世帯の保護者(ひとり親の場合は1人、ふたり親の場合は2人の合計)の2021年の年間所得がセーブ・ザ・チルドレンが設定した(ア)【新入学サポート2023所得目安額】以内であること

A2022年に家計が急変し、2022年の所得が(ア)【新入学サポート2023所得目安額】以内の世帯
世帯の保護者(ひとり親の場合は1人、ふたり親の場合は2人の合計)の2022年の年間所得がセーブ・ザ・チルドレンが設定した(ア)【新入学サポート2023所得目安額】以内であること

➂障害年金または遺族年金を受給していて、2021年の所得が(イ)【障害・遺族年金受給者用新入学サポート2023所得目安額】以内の世帯
世帯の保護者が障害年金または遺族年金を受給しており、保護者(ひとり親の場合は1人、ふたり親の場合は2人の合計)の2021年の年間所得がセーブ・ザ・チルドレンが設定した(イ)【障害・遺族年金受給者用新入学サポート2023所得目安額】以内であること
※世帯の年間所得が上記の目安内であっても世帯収入と所得の差が大きい場合は内部にて対象外と判断する場合があります。






B. 現在の生活の状況(下記の1〜5のいずれかに当てはまること)の条件
1. 対象となる子ども、保護者や同居家族に疾病または障害があり、日常生活を送る上で困難があって支援が必要な状態にあるか、または介護を必要とする。
2. 対象となる子どもが、本来大人が担うべき役割・責任を抱え、疾病・障害のある保護者や兄弟姉妹・祖父母など同居家族のケアを日常的に行っている。
※「ケア」には家事や家族の世話、介護、感情面のサポートを含みます
3. 対象となる子ども・保護者(ふたり親の場合は両親)の両方、またはどちらかが日本語を母語とせず、日常生活を送る上で日本語によるコミュニケーションが困難な状況(日常会話が困難など)で支援を受けている。
※支援者(支援団体、学校、行政など)の推薦が必要となります。
※推薦がない場合は「5.上記に当てはまらない」でご応募ください。
4. 対象となる子ども・保護者の在留資格が不安定であり(仮放免、無国籍など)公的支援が利用できない。
5. 上記1〜4に当てはまらない
※上記1〜4の条件に当てはまらない場合で、例えば、上記「3」に当てはまるが支援者の推薦がない、幼い弟妹のケアを日常的に行っているために学校の遅刻や欠席が多い、あるいは成績が落ちてしまうなど学業に支障が出ている、家庭内暴力や虐待により避難しているといった生活上配慮が必要な状況にある場合は、「5」としてご申請ください。対象に当てはまるかどうかについては、「よくあるお問い合わせQ&A(https://bit.ly/3V1agHT)」をご確認ください。ただし、「5」で申請いただいた場合、内容によっては対象条件外となる場合があります。当会内部の審査にて判断いたしますのでご了承ください。

C. 新入学に関わる費用の負担についての条件
対象となる子どもの卒業・入学に関わる費用を用意することが難しいこと
※具体的にどのような費用を用意することが難しいのかを申請フォームでお知らせください。

【申請方法】
すべてオンラインでの申請となります。詳しい申請方法や、証明書類の提出方法は上記「募集要項」をご覧ください。
★申請フォーム(Application Form)はこちら
※1月18日公開予定
※You can find English Application Form from above link
※原則オンラインでの申請となりますが、郵送での申請も受け付けております。郵送での申請をご希望の方は、【問い合わせ先】までご連絡ください。


 

【申請に関する問い合わせ先】
公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 国内事業部 新入学サポート2023担当
問い合わせフォーム:https://bit.ly/3Y0E5eh
E-mail:japan.kodomosupport@savethechildren.org
〒101-0047東京都千代田区内神田2-8-4山田ビル4階
TEL:03-6859- 0398(平日8時半〜18時半) FAX:03-6859-0069
※なるべく問い合わせフォームまたはメールでのお問い合わせにご協力ください。日本語、英語以外の言語でのお問い合わせは、時間を要することがあります。


 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP