トップページ > スタッフブログ > 日本/子どもの貧困問題解決 > 【活動報告】新型コロナウイルス感染症対応「夏休み 子どもの食 応援ボックス」を受け取った皆さんの声を紹介します

日本/子どもの貧困問題解決
(公開日:2021.09.09)

【活動報告】新型コロナウイルス感染症対応「夏休み 子どもの食 応援ボックス」を受け取った皆さんの声を紹介します

 

夏休みが明け、新型コロナウイルス感染症の影響を受けつつも、全国各地で新学期が始まりました。夏休み期間中は、学校給食がなくなることから、経済的に困難な状況にある家庭にとって、子どもたちの食の確保がとりわけ困難になり、食事環境が悪化しやすい時期でもあります。



セーブ・ザ・チルドレンは、こうした状況を鑑み、夏休みが始まる7月下旬、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、経済的に困難な状況にある家庭を対象に、夏休み期間中の子どもたちの食の状況改善を目的として「夏休み 子どもの食応援ボックス」を提供しました(発送準備の様子はこちらをご覧ください)。

 

2021年に入り、緊急事態措置を実施すべき区域、およびまん延防止等重点措置を実施すべき区域と定められた、21都道府県に在住する3,182世帯に対して「応援ボックス」を届けました。

 

多くの方々から感想をいただきましたので、その一部をご紹介いたします。

※紹介した声と写真は了承を得て掲載しています。また、原文から一部を抜粋し、文意が変わらない範囲で編集しています。 

 

〜保護者の声〜

「この度は応援ボックスを届けていただきありがとうございました。

中学生の娘がおりますが、一番食欲がある時期でお米の減りも物凄く早いです。小学生の娘もそれなりには食べます。

子どもたちは今まで足りないであろうときも気をつかい、私にはあまり言ってきませんでした。

私が量を減らせば、ママもっと食べなよとわけてくるような娘たちです。苦労させていること申し訳なくて仕方がありませんでした。

今回ご支援頂いたたくさんの食品を子どもたちは喜んでいました。食べものが迷ってしまうほどあるなんて幸せです!本当にありがとうございました。」

 

「子ども達と一緒にワクワクしながら箱を開けて、次から次に色々な物がたくさん入っていてみんなで大喜びしました。

夏休みになり、食べ盛りの中学生3人のお昼ご飯をどうしようかなって悩みでした。

こうやって支援していただきとても嬉しいです。

子ども達を笑顔にしてくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。」

 

「夏休み子どもの食 応援ボックスを頂きました。たくさんのご支援、ありがとうございます。

母、深夜バイト掛け持ちで頑張ってますし、三兄弟、それぞれ、本当にお手伝いをしてくれてます、、。毎日皆、休まずフル回転!いつもの夏冬休みは私が昼間帰って昼飯作り、、が、、今回、ちょっと一休み出来る素敵な福袋が届き、みんな凄い喜んでます!

ママ!楽になるねー、 ママ!ゼリー食べてみたかった! ママ!どんなの届いた?

可愛い、可愛い! この笑顔見るために私は頑張ります!

素敵なプレゼント有難うございました! また、私、頑張れる!!」

 

■長期休暇がもたらす課題

今回寄せられた多くのメッセージの中には、夏休み期間中の食費の心配や、保護者の方々の子育ての負担増に関するコメントが多くありました。また、そうした状況を察し、気を遣う子どもたちの姿も、数多く寄せていただきました。

 

夏休みといえば、本来は、子どもたちにとっては、たくさんの思い出を作れたり、体験ができる楽しい時期になるかと思いますが、家庭の状況によっては、保護者が多くの負担を強いられたり、子どもが塾や部活動、課外活動などに参加できなかったりすることで、「格差」が顕著になる時期でもあることがうかがえます。そして、長引く新型コロナウイルス感染症拡大の影響による収入減や閉塞感が、こうした状況をますます深刻にしていると感じられます。

 

こうした中、ボックスを受け取ったご家庭が、家族全員でワクワクしながらボックスを開け、食卓を充実させることができたというお知らせを多く受け取り、「応援ボックス」の提供が、夏休み期間を乗り切るための一助となったのではないかと考えています。

 

現在、「応援ボックス」申込時に行ったアンケート調査の集計作業を行っています。

そこから見えてきた各家庭の現状や、こうした状況を変えていくために国や自治体が取り組むべき施策などについても、今後報告します。


 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP