トップページ > プレスルーム  > なぜ体罰の問題に法律を持ち込むのでしょうか? 『子どもに対するあらゆる体罰を禁止するために:よくある質問集』発表

(公開日:2019.03.15)
なぜ体罰の問題に法律を持ち込むのでしょうか? 『子どもに対するあらゆる体罰を禁止するために:よくある質問集』発表

子ども支援専門の国際NGOである公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(理事長:井田純一郎/専務理事・事務局長:千賀邦夫、本部:東京都千代田区、以下セーブ・ザ・チルドレン)は、子ども虐待の予防に向けた活動を行っています。このたび、体罰を禁止する法律をつくろうとするとき、国や文化などの違いに関わらず、共通してよく質問される内容をまとめた『子どもに対するあらゆる体罰を禁止するために:よくある質問集*』を発表しました。




体罰を法律により全面的に禁止している国は54ヶ国にのぼり、日本国内においても、現在、体罰禁止法制化の動きが急速に進んでいます。今回の質問集によって、日本において、体罰禁止に関する理解が深まることが期待されます。

*質問集(全文)はこちら
http://www.savechildren.or.jp/news/publications/download/php_faq_2019_general.pdf

本質問集は、2017年に、セーブ・ザ・チルドレン・スウェーデンと子どもに対するあらゆる体罰を終わらせるグローバル・イニシアチブが、共同でまとめた質問集の日本語版です。全3冊からなり、今回発行される『子どもに対するあらゆる体罰を禁止するために:よくある質問集』のほかに、『たたくのはやめて!子どもに対する体罰を禁止するために:よくある質問集<子どもと若者のみなさんへ>』と、『学校における体罰を禁止するために:よくある質問集』があります。現在、残り2冊に関しては、発行に向けて準備中です。





プレスリリースのダウンロードはこちら


【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 広報 太田
TEL: 03-6859-0011 E-mail: japan.press@savethechildren.org

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP