トップページ > プレスルーム  > 秋篠宮皇嗣妃殿下・佳子内親王殿下をお迎えし、創設100年記念チャリティディナーを開催しました

(公開日:2019.05.26)
秋篠宮皇嗣妃殿下・佳子内親王殿下をお迎えし、創設100年記念チャリティディナーを開催しました

去る5月13日(月)、グランドハイアット東京にて、秋篠宮皇嗣妃殿下・佳子内親王殿下をお迎えして、セーブ・ザ・チルドレン創設100年記念チャリティディナーを開催しました。

セーブ・ザ・チルドレンは、1919年に英国で創設され、今年で100年目を迎えました。当日は、セーブ・ザ・チルドレンの100年の歩みや、日本国内での子ども支援活動について理事長井田と事務局次長煦艪ゥらお二人にご説明しました。


チャリティディナーでは、100年にわたるセーブ・ザ・チルドレンの歩みが紹介されたほか、クラシックコンサートも開催されました。



会場のグランドハイアット東京には特別協力をいただきました。なお約400名のゲストの参加費は、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの子ども支援活動に活用されます。

※同日午前には、企業を対象としたセミナー「企業の社会的活動が生み出す価値~SDGs時代を一歩先に進むための新たな視点」も開催しました。本セミナーについてはこちら

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP